遊びの記録③ 音に乗る

音楽の紹介もしていこうと思う。カフェでは、イベントなどで僕らが在廊しているときに限り、僕ら3人のプレイリストを流してもらった。 そもそも、ぼくがこの展示を企画するにあたって、音楽の人たちの"ノリ"にすごく影響を受けているから、カフェの音響に手をつけさせてもらうことはどうしてもやりたかったことの一つだった。 今年3月、ぼくの中学~高校時代の同級生の家をアトリエとして使わせてもらうことになった。この家にはすでに同級生のIくん以外にも3人がルームシェアをしていて、みんな仕事に就きながらもそれぞれバンド、映像制作、イラストレーションをしてたりする。彼らが時折僕のアトリエを覗いて、「(作品をみて)これいいね」とかそういうことを言ってくれることも刺激になったし、なんとなく発言するタイミングや言葉の感じが美術大学でのそれとは異なっていた。また、休日はIくんがやっているバンドのライブに行ってみんなで踊ったり騒いだりと休日を惜しみなく満喫する姿勢は、作品制作のことになると生真面目になってしまう僕にとっては新鮮だった。 ライブの頻度はぼくが作品発表をする頻度よりも圧倒的に多いし、参加バンド同士が面識あるなしに関わらず同じハコで同じ企画に参加する"対バン”というシステムも、展覧会という形式ではありえないような"ノリ”で動いているように見えた(強いて言うならアンデパンダン形式がそれに近いのかもしれない)。 今年は、この家の(彼らの)力学を垣間見れたことによって、ぼくは図らずも飛躍的なジャンプをすることができた。ありがとう。

遊びの記録② 3人の話

本の紹介を続ける前に、まずこの展示の出展者3人を紹介をしておきたい。会場には僕が書いたご挨拶文と、3人の作品解説、作品リストを置いておいた。今回は展示風景の写真とそのテキストの一部を掲載します。

遊びの記録① 選んだものを見てもらう

この展示では、出展者3人の日頃の制作の糧となっているモノ(本や音楽)を紹介し、それらをぼくらの作品理解の手助けにしようと考えた。あるいはもっと単純に、これらの本や音楽を、カフェでのひと時を過ごす際の暇つぶし(こう言っては作者たちに失礼だが)にしてもらえたら、ぼくらの作品なんて素通りしたってよかったのだ。 そういうわけで、カフェの本棚には僕らのオススメの本を置かせてもらい、店内BGMには僕らが作ったプレイリストを流してもらった(いくつかの本には、読書感想文を挟んでおいた)。 これから何回かに分けて、それらのモノを紹介していこうと思う。まずは僕が本棚に置いたオススメ本を一冊。 ーーーー 『断片的なものの社会学』 著:岸政彦 朝日出版社 2015年 【感想文】 僕が絵を好きになった最初の動機は、その絵に描かれている人も、その絵を描いた人も、すでにこの世から存在していないのにもかかわらず、その絵に描かれた人はわたしを見て微笑みかけていて、さらにそれはその絵を描いた人の痕跡によるものだ、と気付いたことだった。 私たちがゴッホの自画像を観るとき、紛れもなく私たちと同じ位置でゴッホはその自画像を描いていた(!)というこの共時性は、ゴッホがこの世を去ってからの年月が経てば経つだけロマンチックなものになるだろう。 すでに亡くなった人たちの痕跡が、今この瞬間目の前にあること。それはゴッホの自画像に限らず、この街のいたるところに存在しているはずだ。 本書の24ページから始まる「誰にも隠されていないが、誰の目にも触れない」はまさしくそのようなロマンチックな物語を一つの定型(パターン)

これからつづく遊びの記録

三鷹のカフェ、Cafe Hammockで開催していた3人展「遊び場の力学」が無事終了しました。 気にかけてくださった、ありがとうございました。 初めての企画展で、できたこと、できなかったこと、思わずできてしまったこと、色々あって 来てくれた人の中でも、届いた人もいるけど届かなかった人もいるなとか、今は届かなくても仕方ないよなぁとか。 「やりたいことしかやらない」という決断のもと実行したものには、それ相応の対価が返ってくることを学んだ。 それでふと、高校の頃の学園祭で僕は実行委員(企画担当)をやっていたときのことを思い出した。 友達のバンドがステージのトリを飾っているときに雨が降りそうになってきて、PAの人から演奏を巻いてくれと頼まれたときのこと。 あのときぼくは、PAの言われたことをそのまま演奏中の友達に伝えて、演奏は1曲削られて終わった。 結局そのあと数十分雨は降らなくて、それでぼくは自分の決断をものすごく後悔したのだった。 だから今回、「なんでも好きにすればいいよ」と言ってくれたCafe Hammockのスタッフの方々に深く感謝しているし、同時に尊敬している。 そしてその通りに好きなことだけをやりきった自分のことも、少しほめてやりたいと思う。 こうしたことを続けることで、人生の後悔の数々(あの文化祭での自分の判断のような)を報い続けることができるのだろう。 今後どんなペースになるかはわからないけど、この展示での気づきのあれこれをこのブログにあげたいと思う。

Recent Posts
Archive

© 2015 by Masayuki Oku. Proudly created with Wix.com