February 22, 2018

ぼくは、生まれつきの病気で、左耳の聴覚がほとんど無い。そのことがぼくに与えた影響は計り知れなくて、今年1月の展示の「細君の示唆」にもこのことがいくらか反映されている。

-

この展示に出した絵は、(いつかちゃんと言葉にできたらとは思うが、)ぜんぶ当てずっぽうというかノリで描いているから、タイトルは後からつける。その中に、「目のみえない」という絵がある。この絵は見ていると、目のみえない人みたいなイメージがぼんやり浮かんでくる絵だ。それと「閉じ込めておけるもの」という絵(展示の時はまだタイトル未定だった)は、耳をふさいでいる人の絵で、この絵の...

February 21, 2018

去年ぼくは絵本にハマった。ぼくのいた東京藝術大学の隣には国際子ども図書館があって、学校の授業が終わるとそこに行って絵本を読むのが楽しかった。久々に絵本を見て、そこに描かれた絵に圧倒された。

子どもの頃もよく絵本を読んでいた記憶はあるけど、ほとんどが海外のもの(『おさるのジョージ』『マドレーヌ』 など)だった気がして、だから日本の絵本を漁ってみることにした。

1. ささめやゆきさんの『おとうさんは、いま』の、娘のために帰り道を走るお父さんのフォルムは、今までどんな絵画でも見たことのないものだった。

2. 片山健さんの『おばあさんの青い空』は...

February 11, 2018

人が作ったプレイリストを聴くと、その人が街を歩く情景や、家で制作をしている姿が浮かんだりする。大橋くんとは、今回の展示をきっかけに話たりするようになったからまだ日の浅い関係なのだけれど、彼の作ったプレイリストを聴いて「あれ、ぼくらはずっと前から友達だったんじゃないか?」という感じがした。結構した。

プレイリストにはsupercar、くるり、ASIAN KUNG-FU GENERATIONなど、僕らの世代が通過儀礼のようにして聴いてきた邦楽ロックのスターたちが入っていたり、2000年以降の邦画(アニメも含む)のサウンドトラックから選曲さ...

Please reload

Recent Posts

November 11, 2017

Please reload

Archive
Please reload

© 2015 by Masayuki Oku. Proudly created with Wix.com